牡蠣殻で有機肥料

2月に入って菜園はジャガイモの植付け準備、
玉ネギやイチゴも追肥と草取り、
だんだん春が近づいてきました。

1月中旬、長男からいただいた兵庫県室津の殻付き牡蠣、
家のレモンたっぷりかけて食べました。
室津の牡蠣は身がプリプリ、とても美味しかった。

食べたあとに残った牡蠣殻、有機肥料にしようと
20日程水に浸けて塩抜き、十分乾燥させてから
ハンマーでコツコツ砕きました。
DSC_0097.JPG


出来上がった牡蠣石灰、カルシウム マンガンなど
ミネラル豊富です。
春夏野菜の肥料に利用しようと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

kunityan
2021年02月10日 16:48
牡蠣石灰の自家製版ですね。

経費節減になりますね。

春先の農作業開始の息吹が感じられます。

道南宅に行くさい、内浦湾沿いの海岸に
帆立の貝殻が山積みになっています。

恐らく肥料の石灰原料になるのでしょう。

当地は、連日吹雪模様の天候で、積雪が増
えています。

暖冬傾向との予報に期待を寄せています。
いいお天気
2021年02月10日 20:52
kunityanさん
ありがとうございます。

旬の牡蠣をいただきました。
焼き牡蠣は最高に美味しかったです。

食べたあと牡蠣殻がたくさん、一度肥料に
しようと挑戦してみました。

塩抜き後、ハンマーで砕き細かくなるまで
数日かかりましたがようやく完成しました。

こちらはもうすぐジャガイモの植付けがはじまります。
春夏野菜の準備で忙しくなりそうです。
そちらはまだまだ寒さが厳しいと思いますが、
風邪などひかれないようご自愛ください。